http://markkensetu.com/

 リテラ工法は、建設現場においてそのままでは使用できない発生土を現場でリサイクルする工法です。このため、発生土の処分と移動を行わなくてよいだけでなく、新たに土を現場に搬入する必要が無く、自然環境への影響を少なくすることが可能です。

改良した後は、新材として現場でリサイクル可能になり、処分・運搬等の作業を減少することができます。
現場で発生した再利用できない残土で、通常は他の処理場に運搬して処理します。
不良土を移動式土質改良機を使用し、固化材を添加して改良土にします。