SPR工法は、生活に密着した下水道、農業用水等の老朽化した管路に対して施工を行うことにより管路を再生します。非開削かつ通水しながらの施工が可能であるため、近隣の生活環境への影響も少なくなります。また、円形管だけでなく、馬蹄形渠のような非円形管も施工が可能です。

既設の管渠を高圧洗浄により、汚れ等を取り除きます。

支保工部材を使用して、管の形を整えます。

管口(管の出入口・端部等)を仕上げます。

表面部材と既設管の間に裏込材(SPRモルタル)を注入します。

製管機をMH等より搬入し、表面部材(SPRプロファイル)で製管します。