オメガライナー工法は、老朽化したコンクリート、鋼管などの小口径管路をΩ状に折りたたまれた形状記憶塩ビ管を使用して再生します。形状記憶塩ビ管は、加熱のみでΩ状から円形に復元し、強度・耐久性・耐震性に優れた塩ビ管路となります。非開削で施工が可能であるため、近隣の生活環境への影響も少なくなります。

円形復元後、パイプ内に圧縮空気を供給し、パイプを拡径させて既設管に密着させたまま冷却します。

管口(管の出入口・端部等)を仕上げます。

ウィンチからのワイヤーケーブルをパイプ先端に接続し、オメガライナーを既設管内に引き込みます。引き込み後、オメガライナー内部に蒸気を供給しパイプを円形復元させます。

既設の管渠を高圧洗浄により、汚れ等を取り除きます。

蒸気で予備加熱を行います。